初めてお金を借りる人でも安心して借りれるキャッシングの情報や知っておきたいキャッシングの基礎知識などを掲載しています。

お金を借りたい人のキャッシングマニュアル

キャッシングについての疑問

給与明細なしでもお金は借りれるの?

投稿日:

給与明細
給与明細をなくしてしまったり、パートやアルバイトで給料明細がもらえないけどお金を借りたい・・。という時に、果たして給与明細なしでお金を借りることができるのでしょうか?

給与明細なしでも借りれるケース

実は借りる金額によっては給与明細などの収入証明書類がいらないケースもあるのです。

ある消費者金融会社の公式ページの必要書類の欄をみると、収入証明書類が必要な場合として「ご希望のお借入額が50万円を超える方」と「ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える方」と書いてあります。

つまり、借りたい金額が50万円を超えない額で、他社で借りてる金額と新しく借りようとしている金額の合計が100万円を超えないなら収入証明書類はいらないということになります。

消費者金融会社なら50万円まで給料明細なしで借りれる

お財布を持って喜ぶ女性

上記のように50万円までは給料明細不要で借りれるのは、消費者金融会社のローンとクレジットカードのキャッシング枠です。

これは総量規制法という法律でそう決まっていて、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠がそれに該当するからです。

icon-asterisk 50万円まで給与明細なしでも借りれるローン

銀行カードローンなら100万円でも給与明細なしで借りれる

また、銀行のカードローンなら100万円でも収入証明書なしで借りることができるので、高額借りたい時でも給与明細なしで借りることができます。

いくらまで収入証明書なしで借りれるのかは、銀行によって違いますが、だいたい200万円までのところが多いようですが、中には300万円までというところもあるようです。

小額でも所得証明書類がいるところもある

多くの金融会社で上記のような条件でお金を借りることができますが、中には借りる金額がたとえ1万円でも収入証明書が必要になるところもあります。

給与証明書なしで借りれるのかどうかは金融会社によっても異なりますので、お金を借りる際には必要になる書類の欄を十分に確認しましょう。

まとめ

条件さえ満たしてれば給料明細がなくてもお金を借りることはできます。

給料明細がないからといって、必ずしも変わりになる源泉徴収票などの所得証明書類が必要になるというわけでもありません。

どこでいくら借りるのかに注意しておけば大丈夫です。

ざっくりの目安としては

  • 借りたい金額が50万円以下なら消費者金融でも銀行でも給料明細なしで借りれる。
  • 借りたい金額が50万円以上なら銀行で給料明細なしで借りれる。

となります。

ただし、金融会社によっては金額にかかわらず収入証明書になるところもありますので、お金を借りる時には、必ず必要書類の部分を確認するようにしましょう。

-キャッシングについての疑問
-

Copyright© お金を借りたい人のキャッシングマニュアル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.